Sweet Garden
本 と ドラマ と ほんのちょっとだけ食べ物。

   
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いろいろ再読。
2009年02月01日 (日) | 編集
なんとなーくまた読みたくて、野中柊さんの本を2冊再読しました。

「君の歌が聞きたい」と「祝福」です。

「祝福」はタイトルとは違って(?)、苦くて痛い話が多かったです。
それは以前に読んだ時と同じ印象でした。

でも今回、「君の歌が聞きたい」はちょっと違いました。

2年半前にはみんなどこか欠けていて寂しそうに思えたのですが
今回はそれが決して致命的には思えなかったのです・・・。

そんなんもありよね・・・?

という気分。

とうとう開き直ってしまったのかな?>自分
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。