Sweet Garden
本 と ドラマ と ほんのちょっとだけ食べ物。

   
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鳴釜奇談
2009年01月24日 (土) | 編集
鳴釜奇談 (講談社X文庫―ホワイトハート)鳴釜奇談
(2005/09)
椹野 道流

Amazon


木彫りを手に、小さな私立博物館の館長が死んでいた。
心臓麻痺と診断されたが、その死に顔が穏やか過ぎ
状差しには天本の父からの手紙が・・・。
奇談シリーズの23作目です。

いきなり飛んでしまい、ちょっと着いていけてません。
天本の父・トマスってどんな人???
この家族の過去にはいったい何が???

まぁ、親子の仲がよくないのはわかりましたが。(笑)

なんらかの事情があるらしく、龍村まで同居し始めているようで。
小一郎も敏生と仲良くなっちゃってるし。
いつのまにやら「十牛図」というのを集め始めているし。
やっぱり順番に読みたかったかも・・・。

ということで、図書館に行けるようになったら
4巻から順番に読んでいくことにしまーす。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。