Sweet Garden
本 と ドラマ と ほんのちょっとだけ食べ物。

   
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さよならの。
2009年01月17日 (土) | 編集
さよならの向こう側 上さよならの向こう側 上
(2006/07/07)
井上 香織

Amazon

さよならの向こう側 下さよならの向こう側 下
(2006/07/07)
井上 香織

Amazon


高1の体育祭で知り合った龍先輩を思い続けていた里桜。
高2の夏、先輩がアメリカへ留学してしまうことを知るも
動き出してしまった気持ちを止められず。
海を越えた遠距離恋愛が始まるも、すぐに連絡が取れなくなり・・・。

携帯小説を改訂して単行本化したものだそうです。
かなり手を入れたのか、よくある携帯小説のちゃっちさはありません。
でもなんとなく展開が間延びして感じるのはそうなのかな?

ネタバレしても問題ないので言ってしまいますが
ちゃんと連絡が取れないまま、里桜は龍先輩のことを思い続けます。
高校を卒業し、大学に入ってからも・・・。

この小説のメインパートは下巻です。
付き合っていると言えない関係で、でも心は置いたまま。
そんな彼女のことを見つめる友人達の目。

ずっと一人の人を想い続けることは素晴らしいかもしれないけど
思い切り後ろ向きな執着や粘着と、
純愛との境ってどこにあるのでしょうか?

井上香織さんのエッセイが好きで、この小説を読んでみたのですが
なんだかちょっと微妙と感じてしまいました・・・。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。