Sweet Garden
本 と ドラマ と ほんのちょっとだけ食べ物。

   
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いろいろ再読。
2009年02月01日 (日) | 編集
なんとなーくまた読みたくて、野中柊さんの本を2冊再読しました。

「君の歌が聞きたい」と「祝福」です。

「祝福」はタイトルとは違って(?)、苦くて痛い話が多かったです。
それは以前に読んだ時と同じ印象でした。

でも今回、「君の歌が聞きたい」はちょっと違いました。

2年半前にはみんなどこか欠けていて寂しそうに思えたのですが
今回はそれが決して致命的には思えなかったのです・・・。

そんなんもありよね・・・?

という気分。

とうとう開き直ってしまったのかな?>自分
スポンサーサイト
タペストリーホワイト
2009年01月26日 (月) | 編集
タペストリーホワイトタペストリーホワイト
(2006/10)
大崎 善生

Amazon


4歳年上の完璧な憧れの姉が変わり始めたのは高2の冬。
地元の医大から進路を変え、東京へと旅立っていったのだが
学生運動のまきぞえで殺されてしまう。
姉が死んでいった理由を知るために、洋子も東京へと進学を決める。
  つづき
ダイイング・アイ
2009年01月25日 (日) | 編集
ダイイング・アイダイイング・アイ
(2007/11/20)
東野 圭吾

Amazon


ピアノの家庭教師を終えて帰宅途中、交通事故に遭った美菜絵。
その事故の加害者の1人・慎介はその夫に襲われ、記憶をなくしてしまう。
そして彼の前には不思議な女性が現れ・・・。
  つづき
Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。